柳生十兵衛兜割 朱黒斑模様 伝説の古武器

兜割は鉢割や鉄刀などとも呼ばれています。

刃は、付いておらず打撃を目的とした武器で十手よりも古くから使われていたと言われいます。

相手を死に至らしめず、凄まじいダメージを与え、戦意を喪失させる理想の護身刀でした。

幕末には警護用や護身用として数多くのカブト割りが造られました。

無垢の刃物用ステンレス鋼を使用し重量、バランスも本物そっくりに再現されています。

全長約590mm・重量約524g・刃厚約12mm

少量入荷です・売切時はご容赦下さい。

黒鞘はこちらへ

朱鞘はこちらへ

柳生十兵衛兜割朱黒斑模様売切(+別途消費税)注文番号GO-YG-SE-2-BR 

ご注意

観賞用復元モデルですので、実際に発射は出来ません。素材は天然木ですので、木目、節等が発生する場合がございます。
この商品は鉄砲刀剣所持等の取締り法に基づき本物の質感に近い特殊合金製です。許可・登録等は不要です。
輸入品のため包装箱等が傷んでいることがございます。ご了承下さい。 画像の色合い・スペック等は実際の商品と若干異なる場合がございます。
製品の仕上げに関しましては多少粗削りなところがございますので、予め御了承下さい。多少の製造上の傷等が発生する場合がございます。